鍋 山(なべやま)

登山口 〜 鍋山  30分
鍋山 〜 登山口  20分

難易度  ★☆☆☆

別府に帰省中の姉の希望で、大平山(扇山)に表から登って裏に下りようと計画した。
秘湯「へびん湯」を見て下り口に向かおうとしたら運転を誤り車が動かなくなってしまった。
お湯に入っていた人たちに助けを求め、引っ張ってもらってやっと動くように・・・
デリカとロープのおじさん、自転車の大学生さんありがとうございました。
大平山はやめて、帰る途中の以前標柱がわからなかった鍋山に登ってみました。
次の日の法事がすんでから孫と「鍋山の湯」に行き別府3大秘湯制覇。
土曜は雨に降られたけれど、日曜は四国も見える快晴でした。

鍋山 別府3大秘湯
九州横断道路から明礬へ向かい、高速をくぐ
ってすぐの分岐を左へとあがります。
まずは「鶴の湯」横断道路からサファリの看板
を入り、すぐの鶴見霊園の看板を左折します
分岐から約1キロの、樹木の終わりが登山口。 高速の下をくぐって霊園の最奥まで進み
防火帯をひたすら登ります。 Uターン場所から徒歩1分で先客ありの鶴の湯
黒いバラかと思ったら、焼けて炭になった
マツボックリでした。
鍋山の登山口のすぐ先の分岐を、左に行くと
「へびん湯」、右に行くと「鍋山の湯」です。
素晴らしい眺めの防火帯の終点。 左に進み恵比寿社を過ぎて林道の最終の
少し手前を右に降りると「へびん湯」です。
すぐ隣に予定だった大平山、その先に鶴見岳
が。山頂付近を探したけど標柱も何もないので
車を動かすのを手伝ってくれた大学生さん
ありがとうございましたm(_ _)m
網の柵をくぐりテープをたどっていくと、鍋山の
湯がみえます。断崖絶壁の上にいます。
分岐を右に進むと鍋山湯源卿の碑があります
ここまで皆さん車で来てますが運転は慎重に。
もう馬酔木の花が咲いています。なぜか低い
所より、高い所の方が満開の木が多い??
石ころ道を歩いて「鍋山の湯」に到着。背後は
昨日登った断崖絶壁です。↑←
山頂から45分で、広い平坦地に着き引き返し
ました。どうも伽藍岳へ向かっているような・・
とってもGPSがほしいと思いました。
周囲は硫黄のにおいがたちこめます。少し上
方に泥湯もあり、孫たちは足だけつかって
ゴキゲンです
名物湯の花小屋の「地獄蒸しプリン」を買い、
やせうまを食べて帰りました(^p^)
快晴で、道の途中から別府の街と実相寺山
高崎山、遠くに四国の島影が見えました。

戻る