TOPへ
お化粧山(おけしょうやま 1450m)
お姫山(おひめやま 1550m)
五葉岳(ごようだけ 1569.7m)
乙女山(おとめやま 1517m)


2012/5/3

登山口 〜 お化粧山   1時間10分
お化粧山 〜 お姫山   55分  
お姫山 〜 五葉岳   30分 
五葉岳 〜 お姫山(乙女山往復)   30分(30分)
お姫山 〜 登山口   1時間40分  

難易度 ★★☆☆

 
連休中日に、アケボノツツジを求めて宮崎の五葉岳周辺を歩きました。

前日、くじゅう入りした福岡のKameさんは、くじゅうでは雨に降られたそうですが、本日はブナ
の三差路までは曇っていたものの、その後は晴れてきて、素晴らしい景色を楽しみました。

縦走路は、足元もお花も景色もとてもいい山なのですが、登山口までの日隠林道は、普通車
での走行はかなり手強いようです。Kameさん、運転大変お疲れ様でした。

お化粧山手前にヤマシャクヤクの群生があり、蕾をたくさん付けていました。アケボノツツジは
3分〜5分咲でしたが、乙女山周辺は他に比べるとたくさん咲いていました。午後から晴れた
からでしょうか、往路に比べ復路では、同じ木でもずいぶん花数が増えていました。

残念ながら今回は、乙女山を復路に回したため、大吹登山口へと周回しませんでしたが、
次回は五葉岳〜兜巾岳縦走路のアケボノツツジも楽しみながら、周回したいと思います。

YouTubeも http://www.youtube.com/watch?v=yWPOFisxu0c ご覧ください。

五葉岳 県境の杉ケ越から宮崎に入り、県道6号を約13キロ進み、
日隠林道の看板がある中村橋を渡ります。
   
悪路の日隠林道を慎重に9キロ進むとお化粧山登山口です。仕度をして出発。1分で山に取り付き、杉林の中を進みます
五葉岳 五葉岳
   
しばらく進むと崩壊地を横切ります。崩壊地から20数分でヤマシャクヤクが群生する谷を登ります。まだ蕾ばかりです。  
五葉岳 五葉岳
   
谷を登り詰めたら左右どちらにもテープがありますが、右がお勧めです。登山口から70分でお化粧山山頂です。 
五葉岳 五葉岳
   
お化粧山を過ぎるとアケボノツツジが散見できます(Kameさん撮影)枯れたスズタケが現れ、緩やかな斜面を登ります。 
五葉岳 五葉岳
   
五葉岳 お姫山から30分で1571mピークのブナの三差路に到着。
右は鹿納の野を経由して鹿納山へ。左へと進みます。
晴れていれば、祖母・傾も見えるそうです。
お姫山に向かう途中、少し雲が取れてやっと五葉岳が見え
はじめました。少しのアップダウンでお姫山の岩峰が姿を
現します。

五葉岳
凄い岩です。岩の途中に人がへばりついています。ロープを登りきるとお姫山山頂です。アケボノツツジはまだ1分咲き。 
五葉岳 五葉岳
   
南側は雲が取れ、木山内岳桑原山大崩山・鹿納山・日隠山と続きます。向かう五葉岳も見えます。
五葉岳
   
山頂の岩を下りてすぐに右(青)へは乙女山、左(黄)へ進みます。途中でみつけた小さな花。名前がわかりません?
五葉岳 五葉岳
   
五葉岳へは一旦鞍部に下り、目の前にせまる急登を喘いで登ると三等三角点(五様岳 1569.7m)のある山頂です。  
五葉岳 五葉岳
山頂からは今歩いてきたブナの三差路〜お姫山と今から向かう乙女山の尾根が見え、奥には大崩山や県境の山。
五葉岳
山頂のアケボノツツジはまだ3分咲き。ヒカゲツツジもほとんど蕾です。景色とお花を楽しみながらお昼をいただきます。
五葉岳 五葉岳
   
お姫山に戻り、一人で乙女新道を東に進みます。急いだので8分で岩と枯木と緑の庭園のような乙女山山頂に到着。 
五葉岳 五葉岳
   
山頂からは360度の眺めです。鹿納坊主が近くに見えます。五葉岳をバックに3分咲きのアケボノツツジと五葉松? 
五葉岳 五葉岳
   
「お〜い」と呼ぶと、お姫山で待っているKameさんが手を
振ってくれました。ズームいっぱいで、やっと撮れました。
乙女山付近のアケボノツツジはたくさんの花を付けていま
した。
五葉岳
   
下山時にブナの三差路でお会いした樋口さんは、二つ岳に登ってきたそうです。アケボノの花数が朝より増えていました。
五葉岳 五葉岳

戻る